Bamboo Sparkレビュー&便利な機能と使い方まとめ!

Bamboo Sparkの使い方とレビュー折りたためる

Bamboo Sparkの便利な使い方と機能をまとめてご紹介! 分割・描画・インポートなどBamboo Sparkの便利に使える機能や、3週間使ってみた感想などをまとめました。

Bamboo Sparkの使い方総集編でお届けします╭( ・ㅂ・)و

「Bamboo Spark」(バンブースパーク)とは

Bamboo Sparkを使ってみた使い心地研究

「Bamboo Spark」(バンブースパーク)は、手書きのメモやイラストをボタン一つでデジタル化してくれるスマートフォリオ。ペンタブで有名なWacomさんのアイテムで、文字やイラストを簡単にデータ化できます。

書いた文字がデータになる

Bamboo Sparkの使い方とレビュー書いた文字

Bamboo Sparkを開くと、あらかじめノートパッドがセットされています。専用ペンで文字や絵を書くだけで、簡単にデータ化されます。

もちろん専用のノートパッド以外にも好きな紙を使ってもOK! Bamboo Sparkの大きさはA5サイズなので、A5サイズまでの大きさの紙に対応します。

Bamboo Sparkの使い方とレビューボタンを押す

書き終わったら、中央のボタンを数秒押すと同期されます。ボタンが緑色に点滅するとデータ化が完了です。

ワンボタンでデータ化されるのがBamboo Sparkの魅力!

「分割」でデータを分けられる

Bamboo Sparkの使い方とレビュー分割

Bamboo Sparkには複数の便利な機能が付いています。まず1つ目は「分割」についてご説明します。

Bamboo Sparkで文字を書いた後に中央のボタンを押せば同期が完了します。ついつい焦って同期を押さずに何枚かメモをとると、このような感じに文字の上に、文字が重なってしまいます…。

こんな時は「分割」の出番!

Bamboo Sparkの使い方とレビュー分割

右上の編集ボタンを押し「分割」を選択すると…。

Bamboo Sparkの使い方とレビュー分割タイムライン

画面の下にスライダーが表示されます。このスライダーは、タイムラインのようになっていて、書いたメモの順番を記録しています。左右に動かすだけで書いたメモを、好きな時点のデータに巻き戻して保存することができます。

Bamboo Sparkの使い方とレビュー分割タイムライン

こんな感じに、1枚目書き終わった時点で保存すれば…。

Bamboo Sparkの使い方とレビュー分割

1つのメモのデータを2つのデータに「分割」することができます。

安心してください、データ分かれますよ!

「描写」で追記できる

Bamboo Sparkの使い方とレビュー描画

Bamboo Sparkの便利な機能の2つ目は「描画」です。描画は書いた絵や文字の続きを書いたり、既に書いた文字を消すことができます。

Bamboo Sparkの使い方とレビュー描画

右上の編集から「描画」を選択します。

Bamboo Sparkの使い方とレビュー描画ペンツール

画面上の「ペンツール」を選択すると、ペンで文字を書くことができます。ちなみにiPhoneで書くときは、画面の「拡大」や「縮小」書いたデータの「進む」「戻る」などの機能は無いので指でガリガリ書きます。

Bamboo Sparkの使い方とレビュー描画消しゴム

画面上の「消しゴム」を選択すると、データを消すことができます。途中で辞めたい場合は「中止」を選択すると元の状況に戻ります。問題なければ「完了」をクリックでデータを上書き保存できます。

書いた文字がテキストデータになる

BambooSparkは手書き文字を認識してテキスト変換できるのでやってみた

Bamboo Sparkの便利な機能3つ目は、手書きの文字がテキストデータになる機能です!

BambooSparkエクスポートすれば文字データになる!

「テキスト形式でエクスポート」を選択すれば、書いた文字が一瞬でテキストデータ化されます。日本語だと若干精度にムラがでますが、大きな文字でしっかり書くときちんとテキストデータになります。

▼こちらの記事に詳しくまとめました。

BambooSparkは手書き文字を認識してテキスト変換できるらしい手書きメモがテキストデータになるワコムBamboo Spark
手書きメモをデジタル化してくれる電子ノートWacom「Bamboo Spark」の新機能が凄かった!なんと手書き文字がテキストデータに自動で変換...

様々な形式にインポート

Bamboo Sparkの使い方とレビューメニュー

書いたデータは「Bamboo Spark」のアプリ内にどんどん蓄積していきます。アプリ上でデータの削除や「描写」「分割」なども行えます。

Bamboo Sparkの使い方とレビューインポート

好きなデータを選択すると4つの形式でエクスポートすることが可能です。

  • テキスト形式(BETA)
  • 画像形式
  • PDF形式
  • WILL形式
Bamboo Sparkの使い方とレビュー共有

EvernoteやOnenote、Dropboxなどのクラウドサービスにアップロードできるのでデータ共有がとても簡単!

Evernoteと互換性もバッチリ

Bamboo Sparkの使い方とレビューEvernote

画像形式でエクスポートしたデータはEvernoteにそのまま送って使うこともできます。

Evernoteを起動するとBamboo Sparkで書いたデータが画像データとして添付されている状態になります。

Bamboo Sparkの使い方とレビューEvernote

Evernoteのアプリを使えば、画像データに色をつけることもできます。

Bamboo Sparkの使い方とレビューEvernote

ちなみにEvernoteアプリで加工した画像は、上書きに保存されます。同じようにテキストデータもEvernoteにインポートできるので、メモアプリを使う方におすすめの機能です!

Wacom Cloudでデータ管理が楽々

Bamboo Sparkの使い方とレビューWacomcloud

 

「Wacom Cloud」(ワコム クラウド)とは、ワコムのクラウドサービスのことです。無料で5GBまで使うことができ、Bamboo Sparkのアプリをダウンロードする際に「Wacom Cloud」に登録します。

Bamboo Sparkのアプリ内のデータは自動的に「Wacom Cloud」に共有されます。データの管理「Wacom Cloud」上でも行えるので、タグをつけたりエクスポートしたりするのに便利です。

Bamboo Sparkのフムフムポイント

仕事や移動中メモを取るのに最適!

ペンで書いたデータが簡単にデジタルデータになるだけでなく、テキストデータにしたり、様々なファイル形式にインポートできたり…とEvernoteやOnenoteのメモアプリと互換性とのバツグン!

Bamboo Sparkは仕事で使うデータやメモなど一元管理したいときにパフォーマンスが発揮されます。

仕事のメモをまとめたい!

書いた文字を1発でデータ化したい!

といった方におすすめなツールです。

▼こちらの記事もおすすめ

Bamboo Sparkを使ってみた初めての手書き手書きメモが一瞬でデジタル化できる「Bamboo Spark」を使ってみた!
手書きメモを一瞬でデジタル化してくれる電子ノート! ワコムの「Bamboo Spark」を実際に使ってみました。アナログのメモやノートがど...
BambooSpark専用メモ帳以外も使えるか?付箋編BambooSparkで色んな紙やノートが使えるか試してみた!
Bamboo Sparkを購入すると専用のノートパッドがついてきますが、使い切った後はどうしよう。Bamboo Sparkは好きなノートで使えるのか?...
ワコム(wacom)「Bamboo Spark」ワコムの「Bamboo Spark」開封レポート!
ペンタブでおなじみのWacom(ワコム)さんから発売された「Bamboo Spark」は、手書きのノートメモを一瞬でデジタル化してくれる文房具&...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA