Bamboo Sparkでイラストを描いてみた!イラレのライブトレースの使い方

ワコムのbamboosparkのデータをphotoshopでイラスト完成

Wacomの「Bamboo Spark」を使ってイラストが描けるか実験してみました! Bamboo Sparkで書いた線を取り込んで、IllustratorとPhotoshopを使ってデジ絵を描いてみました。Bamboo Sparkを使ったイラストの描き方をご紹介します。

果たして手書きメモから、どんなイラストが仕上がったのか!?

イラレのライブペイントやライブトレースの使い方も合わせてご説明します。

1、Bamboo Sparkで線画を書く

下書きを描く

ワコムのbamboosparkでイラストが描けるか実験してみた!

まずはイラストを描きます! Bamboo Spark専用ペンは書いた線をデジタルデータにしてくれます。専用ペンで一発書きしても良いのですが、専用ペンで書かない限りは線のデータは読み込まれないので、やまぐちは水色のシャープペンで下書きを描き描き。

専用ペンで書く

ワコムのbamboosparkで描けるか実験してみた!ペンでなぞる

Bamboo Spark専用ペンでイラストを描きます。専用ペンは芯が太目の油性ボールペンです。インクの出があまり良くないので、筆圧強めにガリガリ書いていきます。(インクが出なくても筆圧を感知してデータにはなります。)

Bamboo Sparkで線画が完成!

ワコムのbamboosparkでイラストが描けるか実験してみた!データ

↑こちらが実際のデータです。書いた線がきちんとデータになりました! 専用ペンで書いた線だけがデータになるので、下書きの線はもちろん出ません。

スキャナで読み込むのとは違って、ゴミを消したりデータを修正する手間が掛かず楽チンです。

2、Illustratorで線画をライブトレースする

やり方1、「ファイル」→「配置」

ワコムのbamboosparkのデータをillustratorに取り込む

今回はIllustratorでBamboo Sparkのデータを線画にしていきます。

Illustratorの「ファイル」→「配置」でBamboo Sparkのデータを選択し配置します。

やり方2、「ウィンドウ」→「画像トレース」

ワコムのbamboosparkのデータをillustratorでライブトレース

配置した画像を選択(クリック)した状態で「ウィンドウ」→「画像トレース」を開きます。

  • カラーモード:白黒 を選択
  • ホワイトを無視にチェックを入れます。

しきい値、パス、コーナー、ノイズはお好みで調整していきます。プレビューで確認しながら進めると楽です。

しきい値の違い

 

ワコムのbamboosparkのデータをillustratorでライブトレースしきい値

しきい値が少ないと線が薄くなり、反対に多くすると線画太くなります。

やり方3、「プレビュー」のチェックを外し→トレース

ワコムのbamboosparkのデータをillustratorでライブトレースでパスにする

Illustrator「プレビュー」のチェックを外し→「トレース」をクリックすると画像がトレースされます!

やまぐちは以前「どうしてもトレースが押せない!」 と詰まったことがあるんですが、プレビューにチェックがついたままだとトレースボタンが押せないので注意です。

3、Illustratorのライブペイントで色塗り

ワコムのbamboosparkのデータをillustratorで線が完成

できた線画を選択(クリック)して、Illustrator「オブジェクト」→「画像トレース」→「拡張」で線画をパスにします。

そのまま線を選択した状態で「オブジェクト」→「ライブペイント」→「作成」をクリック。

あとはライブペイントツールでどんどん色を塗りつぶしてきます。

Illustratorでイラスト完成!

ワコムのbamboosparkのデータをillustratorライブペイントで塗る

じゃじゃーん完成! こちらがBamboo Sparkで書いた線をIllustratorで塗ったイラストです! いかがでしょう!?

ライブトレースした線画はPhotoshopでも使える

ワコムのbamboosparkのデータをphotoshopに線画を取り込む

ちなみにIllustratorでライブトレースした線画は、そのままPhotoshopで開けば「透過された線画データ」として使えるのでPhotoshopで色塗りも簡単。

ワコムのbamboosparkのデータをphotoshopでイラスト完成

Illustratorだけで描いてもよし!Photoshopで色を塗って加工してもよし!!

イラスト実験のフムフムポイント

Illustratorのライブトレースと相性バッチリ!

Bamboo Sparkが発売したときに「イラスト描けるのか!?」が一番気になりました。このくらいのイラストならBamboo Sparkを使って簡単に描けました!

やまぐちはボールペンで書くと線がガタガタになりましたが、Illustratorのライブトレースを使えば、手描きの線がちょっといい感じに加工できます。

一般的にスキャナを使って線画をデータにする時は、修正や加工が面倒ですが、Bamboo Sparkはイラストが描いたそのままデータになるので作業が楽チンです!

▼こちらの記事もおすすめ

Bamboo Sparkの使い方とレビュー折りたためるBamboo Sparkレビュー&便利な機能と使い方まとめ!
Bamboo Sparkの便利な使い方と機能をまとめてご紹介! 分割・描画・インポートなどBamboo Sparkの便利に使える機能や、3週間使ってみた...
BambooSpark専用メモ帳以外も使えるか?付箋編BambooSparkで色んな紙やノートが使えるか試してみた!
Bamboo Sparkを購入すると専用のノートパッドがついてきますが、使い切った後はどうしよう。Bamboo Sparkは好きなノートで使えるのか?...
Bamboo Sparkを使ってみた初めての手書き手書きメモが一瞬でデジタル化できる「Bamboo Spark」を使ってみた!
手書きメモを一瞬でデジタル化してくれる電子ノート! ワコムの「Bamboo Spark」を実際に使ってみました。アナログのメモやノートがど...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA