手書きメモが一瞬でデジタル化できる「Bamboo Spark」を使ってみた!

Bamboo Sparkを使ってみた初めての手書き

手書きメモを一瞬でデジタル化してくれる電子ノート! ワコムの「Bamboo Spark」を実際に使ってみました。アナログのメモやノートがどうデータ化されるのか?

気になる「Bamboo Spark」の使い方や、線の筆圧、スキャナとの違いなどなど…使い心地をレポートします!

Bamboo Sparkで書いてみた!

Bamboo Sparkを使ってみた使い心地研究

デジタルノートの「Bamboo Spark」使い方は驚くほど簡単!

  1. Bamboo Sparkの電源を入れる
  2. Bamboo Sparkのアプリを起動
  3. ノートパッドに専用ペンで書く
  4. 書き終わったらボタンを押す

電源を付けてアプリを起動、あとは手書きでメモするだけ!

基本的に専用ペンでメモを書いた後ボタンを押すだけで、すぐににデータ化されます。

まずは手書きのイラストを描いてみました。

どんな風に仕上がったかというと…

記念すべき1枚目の出来栄えは…?

Bamboo Sparkを使ってみた初めての取り込んだ線を見る

やんわりズレてる!!!!!

『SIREN』ばりに目から血が出てるみたいになっちゃったよ!

罫線もちょっとズレちゃってる…! 1枚目はちょっと惜しい出来栄えに…。そして書いた後にスペルが違っていたことに気づきましたΣ(・ω・;)恥ずかしいけどやむなし!

線がずれる原因はノートパッドにあった

Bamboo Sparkを使ってみた線がズレる原因

デジタルデータにした時に線がズレる原因はノートパッドにありました。Bamboo Sparkを開くと最初からノートパッドがセットされています。よく見るとノートパッドを差し込むところにスキマがちょっとあります。書いていくとノートが徐々に押し込まれてメモした線がブレていた模様。

Bamboo Sparkを使ってみた線がズレる原因はノートパッドにある

ノートパッドを下まできっちり差し込みました。Bamboo Sparkでメモを書いている間ノートがズレないようにきっちりセット。線がブレないよう気を付けて再度手書きメモを書いてみます!

2枚目の出来栄えは…!?

Bamboo Sparkを使ってみた気を取り直してもう一度

ズレないようにノートパッドをきっちり差し込んで、ノートもしっかり押さえながらメモを書いてみました。

書いたあとは『ポチッ』とボタンを押せば数秒でデジタルデータ化されます。

さてさて、iPhoneで見る限りは良い感じですが果たして…

Bamboo Sparkを使ってみた線のずれが修正

おおお!いい感じ!!

ノートに書いた手書きの線がきちんと再現されています! 手書きメモの再現度も、Bamboo Sparkはかなり優秀です。

筆圧をチェックしてみる

bamboospark-use07

専用ペンは最高1024レベルの筆圧まで検知!

専用ペンは筆圧を最高1024レベルまで感知してくれます。筆圧に合わせて線の強弱がきっちりでます。

専用ペンのボールペンインクが少し出にくいので、基本的にメモを書くと筆圧は若干強めになりますが、弱い線もしっかり検知してくれます

ちなみにやまぐちは最近までIntuos3を使っていました! 同じ1024レベルだったので驚きの性能。今販売されているワコムのBambooシリーズも筆圧レベルが1024のものが多いので、それに匹敵する性能です。

Bamboo Sparkとスキャナの違い

Bamboo Sparkを使ってみたスキャナと取り込みの違い

やまぐちはBamboo Sparkが発売されたときに、『Bamboo Sparkとスキャナ取り込んだ時にどう違うの?』と思いました。

アナログで書いたものをデジタル化する時はスキャナで取り込む場合が多いと思います。電子ノートで取り込むと線がどう違うのか?

スキャナと電子ノートの違いを比べてみました。

スキャナで取り込み

スキャナで取り込んだ場合

スキャナは細かい線や手書きの味わいがでる!

メリットとデメリット

線の強弱や濃淡、紙の色まできっちり出る

イラストなどで使う場合はゴミを取ったり補正が必要

Bamboo Sparkで取り込み

Bamboo Sparkで取り込んだ場合

Bamboo Sparkは線の強弱がハッキリでる!

メリットとデメリット

取り込みが楽!Wacom Cloudで共有も簡単

書いた線の位置がずれるときもある

Bamboo Sparkのフムフムポイント

超簡単に手書きメモがデータ化できるデジタルノート!

今回はじめてデジタルノートをガッツリ使てみました!

「Bamboo Spark」は手書のメモをデータ化したい時にぴったりのデジタルノートです。ワンボタンでデータ化、すぐにクラウドで同期ができるので、複数の端末や他の人とデータ共有がめちゃめちゃ楽に使えます。

やまぐち的にはイラストにも使えそうだなと感じました! Bamboo Sparkで書いたデータは、ペンの強弱がきちんと反映される上。背景が真っ白なデータになります。スキャナと違って取り込んだ線の補正やゴミ処理の必要がないのがすごく楽。

Bamboo Sparkは手書きメモやイラストをデジタルデータ化したい方におすすめです!

▼こちらの記事もおすすめ

ワコムのbamboosparkのデータをphotoshopでイラスト完成Bamboo Sparkでイラストを描いてみた!イラレのライブトレースの使い方
Wacomの「Bamboo Spark」を使ってイラストが描けるか実験してみました! Bamboo Sparkで書いた線を取り込んで、IllustratorとPhotoshop...
BambooSparkは手書き文字を認識してテキスト変換できるらしい手書きメモがテキストデータになるワコムBamboo Spark
手書きメモをデジタル化してくれる電子ノートWacom「Bamboo Spark」の新機能が凄かった!なんと手書き文字がテキストデータに自動で変換...
Bamboo Sparkの使い方とレビュー折りたためるBamboo Sparkレビュー&便利な機能と使い方まとめ!
Bamboo Sparkの便利な使い方と機能をまとめてご紹介! 分割・描画・インポートなどBamboo Sparkの便利に使える機能や、3週間使ってみた...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA