1日1ページのEDiT手帳!分冊タイプとどちらが良いか比較してみた

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

1日1ページ手帳で大人気のEDiT手帳に、2018年から分冊タイプが新登場! 重さや厚みなど、気になる違いを詳しく比較してみました。

これぞ定番!1日1ページEDiT手帳

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

マークスの「EDiT (エディット)手帳」は、大人気の手帳シリーズです。2018年版は全4タイプ・8種類ありますが、その中でも定番なのが1日1ページタイプです。サイズは、B6・A5・B7の3つのサイズ。今回はその中からB6変形の「スプール」使って比較していきたいと思います。

2018年 1日1ページEDiT手帳 スープル

▼1日1ページ手帳についてはこちらの記事に詳しくまとめています

EDiTエディット1日1ページ(Daily)デイリーページ・マンスリーページなど1日1ページ手帳!EDiT手帳(エディット)を徹底レビュー
1日1ページ手帳で大人気の「EDiT(エディット)手帳」。どんなページがあって使い心地はどうか? 気になるところですよね。ほぼ日手帳...

2018年新登場!分冊タイプ

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

2018年に新登場の、1日1ページの分冊タイプ。サイズはB6変形。ネイビーとグレーの表紙が鮮やかな手帳に分かれていて、それぞれ半年間使うことができます。

  • 表紙ネイビー…2018年1月〜6月
  • 表紙グレー…2018年7月〜12月

2018年 1日1ページEDiT手帳 分冊

▼分冊タイプついてはこちらの記事に詳しくまとめています

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィル2018年新登場!1日1ページのEDiT手帳分冊レビュー
2018年大人気の1日1ページ手帳「EDiT(エディット)手帳」から分冊タイプが新登場! 気になる分冊タイプと1日1ページとの違いなど特徴...

何が違うか比較してみた

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィル

ページの内容自体には大きな違いはありません。簡単なサマリーは下記4点。

  • 分冊…マンスリーページはそれぞれ10月から翌年1月まである
  • 分冊…「地下鉄路線図」が無い
  • 分冊…それぞれにしおりが付いている
  • 分冊…表紙のカバーは別途購入

細かい仕様などは、それぞれの記事に詳しくまとめているので気になる方はチェックいただけると嬉しいです(*´◡`*)

1日1ページ手帳EDiTレビュー

1日1ページEDiT手帳分冊タイプレビュー

他に何の違いを比較しようか考えたのですが、今回は分冊の特徴である「重さ」と「手帳の厚み」をチェックしていきたいと思います。

重さと厚みは、家庭用のはかりと定規を仕様しているため、正確な数値ではありません。ざっくり目安としてお考えください。

それぞれの手帳の重さをチェック

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

まずは定番の1日1ページEDiT手帳「スープル」を測定。重さは約322g。

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較
EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

次は分冊タイプ。表紙の色がネイビーの上半期は約171g。表紙の色がグレーの下半期は約172g

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

分冊タイプを2冊合計すると重さは約344g。仮に2冊を持ち運ぶとすると、1冊の方が軽いということが発覚!

それぞれの手帳の厚みをチェック

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

まずは定番の1日1ページEDiT手帳「スープル」本の厚みは約1.7cmでした。ちなみにEDiT手帳は表紙の種類やカバーによって、厚みは大きく変わると思います。

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較
EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

表紙の色がネイビーの上半期の厚みは約1cm、表紙の色がグレーの下半期は約1cm。

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較

2冊合わせると厚みは約2㎝になり「スプール」と比べると2冊同時に持ち運ぶ場合は、数ミリ程度厚みがあります。

「1日1ページ」のEDiT手帳のフムフムポイント

EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィルとスタンダード比較
  • 表紙やデザインにこだわりたいなら定番タイプ
  • 気軽に持ち運びたいなら分冊タイプ

2つの差を調べてみたところページの構成もほぼ変わらないので、大きくは手帳の重さと厚みで選ぶのが良いかと思います!

表紙のデザインにこだわりたいなら定番タイプ。移動が重視でとにかくカバンを軽く使いたい人は分冊タイプがおすすめ。分冊タイプを2冊同時に持ち運ぶ場合はスプールより若干重くなってしまうので選ぶポイントの1つになりますよ。

2018年 1日1ページEDiT手帳 スプール

2018年 1日1ページEDiT手帳 分冊

▼こちらの記事もおすすめ

EDiTエディット1日1ページ(Daily)デイリーページ・マンスリーページなど1日1ページ手帳!EDiT手帳(エディット)を徹底レビュー
1日1ページ手帳で大人気の「EDiT(エディット)手帳」。どんなページがあって使い心地はどうか? 気になるところですよね。ほぼ日手帳...
EDiTエディット1日1ページ(Daily)B6変形分冊リフィル2018年新登場!1日1ページのEDiT手帳分冊レビュー
2018年大人気の1日1ページ手帳「EDiT(エディット)手帳」から分冊タイプが新登場! 気になる分冊タイプと1日1ページとの違いなど特徴...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA