「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノート作りを体験レポート

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

フムフムハックおでかけ企画がスタート! やまぐちの気になる文房具のお店やステーショナリーショップなど、実際に取材させていただき、詳しくご紹介していきたいと思います。

第1回目は、東京・代々木八幡にある「HININE NOTE(ハイナインノート)」さんにお邪魔して、オリジナルノートを作ってきました。見ているだけでうっとりするノートやパーツの数々をご紹介します!

「HININE NOTE(ハイナインノート)」とは?

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

文房具が好きな方なら一度は「自分のオリジナルノートを作りたい!」と思ったことはありませんか? そんな夢のような気持ちを叶えてくれるのが、こちらの「HININE NOTE(ハイナインノート)」というお店です。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

HININE NOTE(ハイナインノート)」は自分だけのオリジナルノートが作れるお店です。場所は東京の代々木八幡の駅から約徒歩3分にあります。白いおしゃれなビルの1F に位置し、窓には、“オリジナルノートつくれます”と書かれています。ワクワクしながら中に入ると…。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

ノートのパーツが入った引き出しがずらり。色合いもデザインも綺麗で見ているだけでうっとりします。「HININE NOTE」は印刷会社の株式会社ハイナインが、2016年2月にオープンしたお店です。オフィスの一角にオリジナルノートが作れるスペースがあります。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

壁面にはサンプルがたくさん置かれています。50種類の表紙、本文が42種類、ゴムや丸タックなどのオプションも充実しています。組み合わせは数万通り以上! 好きなアイテムを組み合わせていくだけで、世界に一冊だけのオリジナルノートを作ることができちゃうんです。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

こちらはサンプルの一部。留めゴムの位置が違うだけで見栄えの印象がすごく変わります。どんなノートを作ろうか想像が膨らみます。

さっそくオリジナルノートを作ってみる

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

作り方はとっても簡単で「オーダーシート」に、サイズ・製本・表紙・本文・オプションなどの項目をどんどん指定していきます。それでは実際にノートを選んでいきたいと思います٩( ‘ω’ )و

2016年12月時点の写真です。内容は時期によっては変更している場合もあります

1、ノートの「サイズ」を選ぶ

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

ノートのサイズはB5・B6・の2サイズから選べます。綴じる方向は、縦と横どちらでもOK。「縦とじ」か「横とじ」の合計4種類から選べます。

2、リングかテープか「製本」の方法を選ぶ

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

綴じ方を決めた後は、「製本」の方法を選びます。製本は「テープ製本」と「リング製本」の2種類から選べます。テープ製本のカラーは全部で8種類

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

こちらは、リング製本のリング一覧。リングのカラーは全部で17種類あります。中にはめずらしいメタリックカラーもあるので、どれにしようか…すごく悩みます。

3、「表紙」の紙と色を選ぶ

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

表紙と裏表紙は合わせて38種類以上あります。それぞれ素材や、材質に合わせて値段も変わります。表紙のカラーは赤や青が人気なんだとか。ちなみにオプションでゴムバンドや丸タックなども選べます。サンプルがあるので、色合わせをしながら進めていくと、よりイメージに近づきますよ。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

オプションのゴムバンドは全部で22種類あります。ゴムバンドは1本だけでなく、2本以上つけることもできます。真っすぐつけるか、斜めがけにするかも相談できるので、選択肢が広がります。

4、「本文」の紙を4パックまで選ぶ

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

本文」と呼ばれる中につかう用紙選びます。6種類の紙質と、無地・罫線・方眼のフォーマットから選べます。人気のものはsold outになっていることも。最大3~4種類まで1冊に綴じることができます。

「本文」は2016年12月時点のラインナップです
東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

メインの紙質は、ペンとの相性がきになりますよね? 全部サンプルメモノートがあるので、試し書きをしてから選べるようになっています!

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

自分のペンも使えるので、書き心地や裏抜けチェックもできます。

5、「オプション」を選ぶ

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

先ほど登場した、ゴムバンド。他にも丸タックや封筒など好みにあわせてオプションをつけることができます。丸タックは全部で14種類。丸タックと紐のカラーは別にもできます。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

プレゼントに使う場合や、とっておきの1冊にしたいときは、箔押しもできます。写真は、ブラック・ゴールド・シルバーの3色。他にも空押し(エンボス)加工もできます。

実際にオリジナルノートを作ってもらう!

オーダーシートに記入がすんだら、お店の方に手渡します。そうするとその場で1冊1冊、手作業で作ってもらえます。引き出しから指定した紙をそろえてくれます。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

紙を裁断したり、製本したり…。見ているだけでうっとり。出来上がりまでの時間は、およそ10分ほど。ただし、混んでいるときは、1〜2時間掛かることもあるそうです。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

オプションのゴムもカラフル。

あっという間にオリジナルノートが完成!

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

ワクワクしていたらあっという間にノートが完成です! 今回は2冊作ってみました。大きいB5のノートはオプションのゴムバンドを2本つけてみました。

出来上がったノートは、自分でアルファベットと数字を組み合わせて「型押し」することもできます。

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

ちなみに、もう1冊は正方形のサイズにしました。サイズは追加料金で好きなサイズに変更が可能できるので、三角や正方形のといった、珍しいノートを作ることができます。

HININE NOTEのフムフムポイント

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!

手軽にオリジナルノートづくりが楽しめる!

好きな紙やパーツを選ぶだけで、簡単に1冊のノートが作れるので、こだわりのノートを作りたい方はおすすめです! 追加料金で好きなサイズに裁断できるなど、自由度も高いので、ぜひ自分だけの1冊を作ってみてはいかがでしょうか(*´◡`*)

表紙や紙の種類はシーズンによって売り切れたり、変更している場合もあります。気になる方は事前にお店にチェックしてから行くと安心ですよ。

HININE NOTE(ハイナインノート)

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!
  • 住所:渋谷区上原1-3-5 SK代々木ビル1F
  • 時間:OPEN だいたい13時頃~CLOSE 20:00
  • 電話:03-6407-0819
  • 公式サイト:http://hininenote.jp/

▼作ったノートはこちら

東京・代々木八幡の「HININE NOTE(ハイナインノート)」でオリジナルノートを作ってみた!「HININE NOTE(ハイナインノート)」で作ったオリジナルノートを紹介
東京・代々木八幡にある「HININE NOTE(ハイナインノート)」さんにお邪魔して、オリジナルノートを作ってきました! ノートの大きさや...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です