ルーズリーフパンチを買って自作のルーズリーフを作る

ルーズリーフパンチをやってみる目が光るダンボー

学生時代のノートの定番ルーズリーフ!大人になったら使う機会が減りますが、ルーズリーフはノートを再編集できる便利なアイテムです。今回はルーズリーフパンチを購入したので自作でルーズリーフを作ってみたいと思います! 

どうしてもルーズリーフパンチが欲しくなった理由

  1. コピー用紙、ノートに書いたメモがバラバラになり紛失する
  2. リングノートを破ったあと、そのページの行き場に困る
  3. ノートの内容をカテゴリに分類したくなる

この内容は大切!メモろう!」とネットやTVで見た内容を、手元にあるメモ帳や紙に書くものの…

  • メモをなくす
  • 見つからない
  • どこに書いたか忘れた

8割方このどれかに該当します。メモった後にまとめないと調べる時間がかり不便。そこで、書いたあと再編集できるルーズリーフパンチに注目しました!

ルーズリーフパンチの選び方

ルーズリーフパンチの相場は1000円台~1万円台と結構お高く、実際全部買って試せないのでこちらのサイトを参考にしました。

ふむふむ。ルーズリーフパンチはゲージパンチ(穴あけ機)と呼ばれていて、大きく分けると2種類。

  • 1枚の紙に複数回パンチをするタイプ
  • 1回のパンチででルーズリーフが作れるタイプ

少ない枚数作るのであれば1000円台で買えるゲージパンチでよさそう。今回は大量のルーズリーフを作る予定なので、1回でパンチでルーズリーフが作れるタイプのものにします。

「カール事務器 グリッサー」君に決めた! 

ルーズリーフパンチ カール事務器

お値段5000円台というお高いプライスですが、大量のルーズリーフをつくるのには最適! 1回のパンチでルーズリーフが作れるのは、「カール事務機 グリッサー」か「コクヨ 多穴パンチ」が有名です。コクヨはお値段が1万円の大台に乗ったので諦めましたw

ルーズリーフを自作で作ってみる!

ルーズリーフパンチをやってみるダンボー

いよいよ念願のルーズリーフ作り! 今回はダンボー&ゆうパックダンボーにアシスタントをお願いします。
まずは、ルーズリーフにしたい紙をルーズリーフパンチにセット。

ルーズリーフパンチをやってみる目が光るダンボー

ダンボーたちも目が光って気合い十分! 青い取っ手を押し込みながら一気に引きます。

ルーズリーフパンチを使うゆうパックダンボー・ミニ

だだだーーーっと引くと完成!

ルーズリーフパンチできる

綺麗なルーズリーフの完成です!

これを使って色々ルーズリーフにしていこうと思います。

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA