ノック式のMONO消しゴム「MONO zero」の使い心地レビュー

ノック式のmono消しゴム「mono zero」

消しゴムと言えばトンボ鉛筆の「MONO 消しゴム」が有名ですよね。今回はペンケースに入れて持ち運びやすい、ペンタイプのノック式消しゴム「MONO Zero」をご紹介します。気になる消し心地や、使ってみた感想をまとめました。

ノック式のMONO消しゴム!

ノック式のmono消しゴム「monozero」消してみた

MONO Zeroはペン型のノック式の消しゴムです。一般のホルダータイプの消しゴムと比べると幅が狭く、消しゴム部分が超極細なのに折れにくいのが特徴です

MONO Zeroは先端の形が2種類

MONO Zeroは丸型と角形2つのタイプあります。丸型の直径は2.3mmと超極細! 手描きの設計図や細かい数字などをピンポイントに消すことができます。

丸型(2.3mm)

角型(2.5mm)

MONO Zero消しゴムで実際に消してみる!

ノック式のmono消しゴム「monozero」消し心地

さてさて、消しゴムで一番気になるポイントは「消す力」ですよね! 試しに牛のイラストを書いてみたのでMONO Zeroを使って実際に消してみたいと思います╭( ・ㅂ・)و

牛の柄を消してみる

ノック式のmono消しゴム「monozero」消し後は残る

まずは牛の柄をゴシゴシ。MONO Zeroでピンポイントに消せましたが、消し跡はちょこっと残っています

文字を消してみる

ノック式のmono消しゴム「monozero」消し後は残る

お次は文字をゴシゴシ。他の文字を消すことなくダイレクトに消せましたが、こちらもシャープペンで書いた文字の消し跡が若干残りました

MONO Zeroのフムフムポイント

ノック式のmono消しゴム「monozero」四角

ピンポイントに消せる

消す力は弱め

MONO Zeroはコンパクトなサイズで、ペンケースなどに入れてて持ち運ぶのにぴったりです!

紙との相性にもよりますが、肝心の消しゴムの消す力は若干弱めです。書いた後の線が少し残るかなーという印象です。細かい文字を綺麗に消すより、デッサンなどの鉛筆の濃淡をピンポイントに薄くする方が向いているかなと思います。

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA