東京蚤の市で見つけたドイツのペン!可愛いカラーのベースボールペン

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

第9回東京蚤の市でブラブラしていた時に思わず目に飛び込んできた海外のペンに一目惚れ! ドイツの文房具メーカーSCHNEIDER(シュナイダー)のベースボールペンという珍しいペンです。万年筆のような書き心地と可愛いボディーの色合がたまらない水性ボールペンをご紹介。

scosで思わずひとめぼれしたペン!

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

やまぐちは前もってペンを調べたり、試し書きしてからペンを買うのですがコレは思わず衝動買いしちゃいました! 東京蚤の市のscosで見つけたカラフルな海外のペン「ベースボール」という珍しいペン。

ドイツのメーカーの「ベースボール」ペン

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

ベースボール」はドイツの文房具メーカーシュナイダー社のローラーボールペンです。日本ではあまりローラーボールという名前で呼びませんが、海外だと水性インクのボールペンのことをローラーボールと呼ぶそうです。

ベースボールペン

ベースボールはこんなペン

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

ベースボールペンはキャップ・ボディー・握るところ…と細かく分解できます。買ったときはペンが入っていないので、これからリフィルを差し込んでいきます╭( ・ㅂ・)و

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

リフィルはベースボール専用のカートリッジです。インクとペン先が一体型になっている珍しいタイプ。インクがなくなるとペン先ごと交換できるので、滑らかな書き心地が続くとのこと!

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン先

リフィルはボディにブスッと刺さすだけなので、とっても簡単!

ペンのグリップは三角軸なので握りやすく、万年筆に近い書き独特の書き心地です。

リフィルの色見本

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

リフィルはなどノートや手帳に便利な定番カラーが揃っています。

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン替え芯

リフィルにはキャップが付いているので(↑写真のカラーの部分)色を変えたい時に、リフィルを抜いてキャップをつけるだけで簡単に変えられます。

ベースボール インクカートリッジ

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペン

今回は東京蚤の市の限定パックだったのでペン本体+リフィル3本(ランダム)が付いていました(╹◡╹) 色んなカラーに入れ替えて楽しく使えます!

ベースボールペンのフムフムポイント

東京蚤の市で見つけた!SCHNEIDER(シュナイダー)ベースボールペンフムフムポイント

万年筆みたいな気持ちのいい書き味!

三角ボディーが持ちやすい!

なかなか売っていない

ペンを持つ感覚は、子供用のペリカン万年筆(ペリカーノジュニア)に近いイメージです。三角形のボディーが持ちやすく、描き心地もたまりません!

万年筆のような書き心地と、ペンのボディが海外ならではの可愛く鮮やかなカラーでとても気に入っています(*´◡`*)

ベースボールペン

▼こちらの記事もおすすめ

第9回東京蚤の市!レトロ印刷「SURIMACCA」で刷る!第9回東京蚤の市!レトロ印刷ワークショップでオリジナルトート作り
第9回目を迎える大人気のイベント「東京蚤の市」に行ってきました。中でもお目当てはレトロ印刷JAMの「SURIMACCA」ワークショップ! 初...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA