【レビュー】大人だけど「夏休み!子どもスプラトゥーン体験会」に参加してみた!

スプラトゥーン

「夏休み!子どもスプラトゥーン体験会」は期間内の毎日1時間、無料でスプラトゥーンをプレイできるイベントです。子どもしかダメなの!?と思ったのですが、WiiUがあれば誰でも参加できます。はじめてのスプラトゥーンの感想をまとめてみました。

そもそもSplatoon(スプラトゥーン)とは

5月28日に任天堂より発売されたWiiU用のシューティングゲーム。プレイヤーは、人型に変身する「イカ人間」になり、インクで地面を塗り合って「ナワバリ」の面積を競うゲームです。発売からかなりの人気で初週で約16万本を達成。現在も売り上げを伸ばしているヒットタイトルです。

夏休み!子どもスプラトゥーン体験会とは

そんなスプラトゥーンを8月3日(月)~8月9日(日)の午前9:00~10:00までの毎日1時間無料で遊べるのイベントです!「夏休み!子どもスプラトゥーン体験会」という名前ですが、Wii Uがあれば誰でも参加することができます。必要なのは、『スプラトゥーン試射版』というソフトです。「ニンテンドーeショップ」で無料配信されているので事前にダウンロードしておくとスムーズにはじめられます。『スプラトゥーン試射版』では、4人対4人インターネット対戦の「ナワバリバトル」を試射版限定仕様のブキで遊べます。

スプラトゥーン試射版プレイ開始!

『スプラトゥーン試射版』を起動すると、基本操作を学べる10分程度のチュートリアルが始まります。終わると、いよいよメインの「ナワバリバトル」で遊べます。好きなブキを選んで準備。今回使えるブキはこの4つ

  • スプラシューター
  • わかばシューター
  • ローラー
  • スプラチャージャー

インクを飛ばす銃型ブキの「シューター」と射程が長い「チャージャー」広い面積を塗れるコロコロ型の「ローラー」から選べます。
8人集まるとプレイ開始です。1、2分もかからず8人集まるサクサクマッチング!ルールは、3分間の制限時間までに多くの面積を塗れていれば勝ちです。

スプラトゥーン=TPSではなかった!

スプラトゥーンのゲーム性やシューターという用語を聞くとTPSFSPを思い浮ませんか?私はもその一人で、TPSの操作性が苦手でスプラトゥーンは懸念しておりました。
ですが、実際プレイするとその固定概念は払拭!TPSだけどTPSじゃないんです。TPSだと敵を倒すことが主目的になり、「狙って撃つ」ことが重要になりますが、スプラトゥーンは「陣地を塗る」という色を塗ることが主目的になっています。この要素が加わるだけでここまで変わるか!というくらい色を塗るというゲーム性が効いてきいます。

とりあえず塗る!塗れば勝てる!

スプラトゥーンは発売してから結構日が経っているので、初心者と玄人さんの腕前の差が心配でした。ですが、『スプラトゥーン試射版』は製品版を持っていない人がメイン層なので初心者もたくさんいました。
とりあえずプレイ開始後は塗りまくる。この「塗る」という行為が意外とハマります。自分で塗り、敵に塗り替えれ、それをまた塗る…。子供の時から汚したりこぼす事は怒られる行為でしたが、塗らないと負ける。インクを飛ばしてぶちまける感覚って楽しい!と感じるのは新しい発見でした。

初心者は「ローラー」玄人は「チャージャー」

何回かプレイすると、シューターよりローラーの方が断然楽しい!初心者だと、シューターを使いこなすまで時間がかかるのでなかなか充実感が味わえない反面、ローラーだと広い面積を塗れるので陣地を増やしている達成感が味わえて楽しいんです。敵に遭遇しても塗りながら相手を轢けば倒せてるので、狙う操作性が苦手でも感覚でプレイできます。また、初心者が玄人チームに入っても引け目をとらずローラーで隅っこを塗ったりとチームに貢献できます。

玄人はチャージャーでスナイパーのようにキルを狙います。狙いと射程がコントロールできるため初心者ローラー軍団はスナイパーたちに返り討ちにあいます。経験者はほぼ無双状態。
なのでプレイ開始から何回かやると、ローラー軍団は初心者で、チャージャーやシューター軍団は玄人なんだと分かりました。

初心者たちでも勝てる絶妙なゲームバランス

シューターでキルを狙われても、塗った範囲で勝敗がつくので初心者4人のローラー軍団でも勝つことができました!このゲームバランスは凄い。あくまで「塗る」ことが「狙って撃つ」ことより大切です。キルされるデメリットは復活までの時間がかかること。つまり塗る行為ができない。そのため相手が、玄人のチャージャー軍団と対戦しても塗るスピードの速い、ゾンビのようにキルされては塗り、キルされては塗る初心者ローラー軍団でも勝つことができました。
この上級者と初心者のスキル差を埋めるゲームバランスギリギリでも逆転できる要素はお見事。

まとめ!

慣れてくると、ローラーでは飽き足らず他のブキが使いたくなります。「シューター」や「チャージャー」など他の操作性をやりたいという!もっとうまく立ち回りたいと!という思いがわきつつ、無料体験1時間があっという間にすぎました。
ゲーム性は然る事ながら、デザインや世界観も魅力的。まだやっていな方はぜひぜひ遊んでみてはいかがでしょう?

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA