2016年4月始まり手帳のおすすめブランドまとめ

株式会社アクティブ

2016年4月始まりの手帳が出揃ってきました! 学校や会社で使える、新生活・新年度にぴったりの4月始まりの手帳ブランドをまとめました。

最新作の手帳や、1日1ページ、定番手帳などなど気になる4月始まりのおすすめ手帳をご紹介します。

4月始まりダイアリーの最新作!

MOLESKINE(モレスキン)

MOLESKINE(モレスキン)の手帳と言えば、1月始まりか7月始まりの2つタイプの手帳が主流でしたが、今年2016年から新しい手帳が登場しました。その名も「4月始まり日本語ダイアリー

今まで英語表記のみに対応していたMOLESKINEから、待望の日本語版が発売です!

moleskine(モレスキン)4月始まり日本語ダイアリー月間マンスリー

4月始まりダイアリーは、より使いやすく便利にパワーアップ! 英語版ではちょっと不便だった日本の祝日や六曜にも対応し、予定を管理しやすくなりました。最初のページの『In case of loss…』やパーソナルデータも全部日本語で書かれています。

手帳のフォーマットはマンスリーとウィークリーの2種類。サイズはラージとポケットの2種類の合計4種類あります。

日本語版モレスキン ウィークリー

見開きの左ページが週間スケジュール、右ページがフリースペースとして使える手帳です。表紙がハードカバーなので外出先や移動時でも安心して使えます。

日本語版モレスキン マンスリー

マンスリーは月間ブロックページがメインのダイアリーです。マンスリーという名前ですが、バーチカルで見れる月間スケジュールページやイベントページなどボリューム満点。

春から始める1日1ページ手帳

EDiT(エディット)

人生を編集する手帳というコンセプトで作られた「EDiT」手帳。4月始まりのEDiT手帳は、1日1ページタイプの2サイズがラインアップ。会社や学校など新生活に合わせて1日1ページ手帳を使いたい方におすすめです。

EDiT B6サイズ

B6サイズ(180×120mm)は移動や持ち運びにも便利なサイズ。マンスリーは3月から、デイリーは4月から記入できます。表紙の素材やデザインが豊富なのでお気に入りの1冊がみつかるはず。

EDiT A5サイズ

A5サイズ(210×148mm)1日1ページたっぷり使えるサイズ感です。ノート感覚で勉強や仕事にガッツリ使いたい方におすすめです。表紙はビジネスシーンで使いやすいシンプルで高級感のあるデザインが豊富です。

EDiT 限定商品

こちらは限定版のEDiT手帳。B6サイズと中身は同じですが、カバー無しでそのまま使えるカラーリフィルタイプです。最大の特徴はお値段! EDiT手帳は3,000円~5,000円代の価格が多く、値段が高いイメージですが、限定版の値段は1,800円前後で買えるのでお手頃。EDiT手帳を試してみたい方におすすめの1冊です。

ほぼ日手帳 スプリング

ほぼ日手帖 spring

画像出典:ほぼ日手帳 spring

2月1日から4月始まりのほぼ日手帳が登場です! ほぼ日手帳スプリングはオリジナル・WEEKS・カズンの3タイプ。表紙の手帳カバーには4月始まりだけの限定デザインもあります。

半年分の分冊版の「avec(アヴェク)」 と英語版の「Hobonichi Planner」は1月はじまりのみの販売です。

ほぼ日手帳 WEEKS

ほぼ日手帳 WEEKSは仕事で使いやすいコンパクトなサイズ感。新年度からのスケジュール管理に最適です。

ビジネスやプライベートに最適

高橋書店

高橋手帳

画像出典:高橋書店

「手帳は高橋」でお馴染みの高橋書店の2016年4月始まり手帳は全152種類と充実のラインナップ。豊富なサイズとスケジュールのフォーマットで1人1人の用途に合ったスケジュール帳が見つかります。

シャルム

大人気のB6サイズの手帳です。仕事で使いやすい見開き一週間のバーチカルフォーマット。月ごとにインデックスが付いているのでページをめくりやすく、カラーバリエーションも豊富なのが嬉しいポイント。

ティーズファミリー

ママさんにおすすめ! 家族の予定を一覧で管理できるスケジュール帳です。見開き1か月の横ケイタイプの手帳で、4人分の予定を同時に管理できます。お子さんの入園式や入学式など新生活をスタートするのに最適な1冊です。

DAIGO(ダイゴー)

手帳で有名なDAIGOは4月始まり手帳も豪華なラインナップ。ダイゴー手帳と聞くとビジネス向けなイメージがありますが、男性が使いやすいシリーズだけでなく、女性も使いやすい可愛いらしい手帳の「MILL」シリーズもおすすめです。4月始まりの手帳は3月から記入できるので、新生活の前に準備をしたい時におすすめです。

アポイント

ビジネスシーンで使いやすいバーチカルタイプの手帳です。土日の記入スペースは狭いのでプライベートと分けて記入するのに便利。

MILL

働く女性のために作られた「MILLシリーズ」丸みのあるデザインと、女性が使いやすいフォーマットが人気の秘密。こちらはウィークリータイプの手帳ですが「マネジメント式」というフォーマットで、項目ごとに予定を管理しやすい手帳です。

4月始まり手帳のフムフムポイント

手帳は1月始まりと4月始まりの2種類の手帳が主流ですが、新学期や新年度から合わせて使うなら4月始まりの手帳がおすすめです。

ブランドによっては1月始まりのみ販売しているメーカーさんもありますが、今回は4月始まりの種類が豊富がブランドや手帳をまとめました。

1月始まりの手帳を買ったものの、なんとなく使い方が合わないなーという方は今までの使い方の不便点をまとめて、自分の使いやすい4月始まりの手帳を選ぶのがおすすめです!

 

▼手帳選びのおすすめ記事

画像出典:ジュニア版|Action Planner2016年4月始まりのビジネスや学校で使えるおすすめ手帳9選
手帳を買うタイミングは新年度や新学期がスタートする4月という方も多いはず。仕事やビジネス、新社会人におすすめの4月始まりの手帳を...
Filofax(ファイロファックス)システム手帳の超定番!おすすめブランドまとめ
毎年悩む手帳のシーズン。綴じ手帳も良いですが「システム手帳をデビューしようかな?」と考えている方も多いはず。システム手帳が初め...
moleskine(モレスキン)4月始まり日本語ダイアリーモニター当選新登場!モレスキンの「4月始まり日本語ダイアリー」を使ってみた
な、なんと! モレスキンから4月始まりの日本語版のダイアリーがついに登場! 英語の手帳はオシャレな反面、祝日や表記が分かりづらい...

 

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA