2016年版も激戦の1日1ページ手帳7選を徹底比較!

ほぼ日手帳2016

▼2017年の比較まとめはこちらです

MD PAPER PRODUCTS2017年はこの手帳!1日1ページ手帳9選比較まとめ
2017年の気になる1日1ページ使える手帳をまとめました! 人気のほぼ日手帳やEDiTなど、1日1ページ手帳の「特徴・サイズ・フォーマット」...

新しい手帳を買う時は1日1ページ手帳にチャレンジしたくなりませんか? 人気のほぼ日手帳やEDiTなど、1日1ページ手帳の特徴・メリット・デメリット・サイズ・フォーマットなどをまとめました。自分にぴったりの1冊を選ぶ参考になれば嬉しいです!

商品リンクは2017年になっています

使い勝手抜群のおすすめ手帳

1日1ページ手帳の元祖「ほぼ日手帳」

1日1ページ手帳といえば15年目をむかえる「ほぼ日手帳」! 実はロフト手帳部門11年連続売上No.1という凄い実績の手帳です。ほぼ日手帳の最大の特徴は365の日々の言葉が各ページの下にあること。文庫本のように言葉を読むだけでも楽しい手帳です。

ほぼ日手帳の特徴

  • 文庫本サイズとA5サイズの2種類
  • 年間カレンダー、月間インデックス付き
  • 紙はトモエリバーを使い、180度パタンと開く
  • おまけページが充実
  • 1つ1つにシリアルナンバーが付いている

ほぼ日手帳のポイント

○ほぼ日手帳2016は全82種類と種類が豊富
○専用カバーや下敷きなどもあり、カスタマイズ性が強い
×3.7ミリの方眼が狭くて書きにくい

ほぼ日手帳を追い上げる「EDiT(エディット)」

人生を編集する手帳というコンセプトで作られた「EDiT」は、ビジネスからライフログまで使える自由度が高い手帳です。シンプルで美しいデザインは「第21回 日本文具大賞」グランプリを受賞するほど洗練されています。

EDiTの特徴

  • カレンダーが充実(年間・月間・3年カレンダー)
  • 予定やプランを立てやすい年間プランニングページ
  • 24時間の時間軸が付いている
  • ノートのような5mm幅のドット罫線

EDiTのポイント

○カバーやデザインが約150種類もある
○カレンダーが充実していて予定が立てやすい
○1日1ページのフォーマットが使い勝手が良い

2016年から新登場!

実力は未知数の「NOLTY U365」

NOLTY&U365

画像元:NOLTY&U365

今年2016年に初登場の「NOLTY U365」は能率手帳の新しいブランドの手帳です。ビジネスシーンに使いやすい1日1ページタイプの手帳です。

NOLTY U365の特徴

  • 年間カレンダー月間カレンダー
  • ページ上部にスケジュールライン
  • 3.5mmのグリッドノート
  • 1週間の位置が分かるウィークバー
  • 1ケ月の終わりにバードサイン

NOLTY U365のポイント

○1日1ページ手帳、初のグリッドノート
○フォーマットの独自性が強くハマれば使いやすそう
×サイズが1サイズのみ(188×118×18)

海外メーカーの1日1ページ手帳

海外の老舗QuoVadis「DAILY DIARY」

QuoVadis DAILY

画像元:QuoVadis DAILY

海外の有名ブランドQuoVadis(クオバディス)は、バーティカルタイプの手帳で有名です。意外と知られていませんが、クオバディスのDAILY DIARYシリーズでは、2種類の1日1ページの手帳があります。

DAILY DIARYの特徴

  • 方眼フォーマットの「Maor」
  • パーチカルタイプの「ABP1」と「ABP2」
  • サイズがコンパクト
  • ページ下にミシン目

DAILY DIARYのポイント

○罫線が2種類ある
×英語のフォーマットが苦手な人は使いづらい
×取り扱い店舗が少ない

手帳の王道 MOLESKINE 「デイリーダイアリー」

こちらも海外の有名ブランドMOLESKINE(モレスキン)からも1日1ページの手帳が出ています。

デイリーダイアリーの特徴

  • カラフルなハードカバー
  • 年間カレンダー・月間カレンダー
  • シンプルな罫線
  • おまけページ充実
  • 背表紙後ろにポケット

デイリーダイアリーのポイント

○ノート感覚で使いやすい
×厚みが分厚いので書きづらい

いつでも使える手帳兼ノート

手帳感覚で使える「365デイズノート」

使いやすさを追求して作られた「365デイズノート」は時刻を表す数字、日付と曜日、そして方眼という3つのシンプルなデザインが特徴です。その美しいデザインから「第23回日本文具大賞」デザイン部門優秀賞を受賞しました。

365デイズノートの特徴

  • 368ページあるので365日(1年)使える
  • A5は4mm方眼、B5は5mm方眼
  • 24時間の時間軸
  • 紙が薄く重さが軽い

365デイズノートのポイント

○いつからでも日付に関係なく使える
○方眼やフォーマットが使いやすい
×表紙のカラーは黒一色のみ
×月間カレンダーなどが欲しい場合はカスタマイズする必要がある

余白に味がある「MDノートダイアリー」

たっぷりと余白を取った自由度の高い「MDノート」手帳として使えるダイアリーは1日1ページ版と8分割版の2種類あります。

MDノートダイアリーの特徴

  • 年間カレンダー
  • 月間スケジュール
  • 糸かがり製本
  • 8分割メモの罫幅は7mm
  • しおりひも付

MDノートダイアリーのポイント

○余白たっぷりの独自のフォーマット
○万年筆や鉛筆などの書き味が良い
×1日1ページの部分が左半分が、バーチカルタイプなので使い方を考える必要がある

こっそり話題の1日1ページ手帳

ファンにはたまらない数量限定「タワレコ手帳」

あの音楽ショップとして有名なタワーレコードが出している1日1ページの「タワレコ」手帳が意外と使い勝手がよいと評判です。

タワレコ手帳の特徴

  • 月間カレンダー
  • 年間カレンダー
  • 紙はクリーム色
  • 2016年度は4ミリ方眼
  • 全ページの下に音楽カルチャー情報

タワレコ手帳のポイント

○数少ない4mm方眼フォーマット
○持ち運びやすいA6サイズ
×音楽知識がいらない人には使い勝手は悪い

1日1ページ手帳フォーマット比較

2016年度の1日1ページ手帳を7つ紹介しましたが、それぞれのフォーマットを比較してみます。

手帳名方眼
罫線グリッド
ほぼ日手帳××
EDiT××
NOLTY&U365××
QuoVadis×
MOLESKINE ××
365デイズノート××
MD PAPER××
タワレコ手帳××

多いフォーマットは方眼と罫線。ノート感覚で使うなら、罫線タイプのもの。アイディア等をまとめたいなら方眼タイプがおすすめです。
やまぐちが気になるのは、NOLTY&U365のグリッドタイプ。

1日1ページ手帳サイズ比較

続いてサイズを比較

手帳名A6B6A5
ほぼ日手帳××
EDiT×
NOLTY&U365×××
QuoVadis×
MOLESKINE ×
365デイズノート
MD PAPER××
タワレコ手帳×××

それぞれの大きさ

  • A6サイズ(文庫本サイズ)…105×148mm
  • B6サイズ(単行本サイズ)…182×128mm
  • A5サイズ(文庫本の2倍)…210×148mm

有名手帳ブランドだとサイズの種類が豊富なので、持ち運び用や置き型手帳と使い分けができます。定番サイズは文庫本のA6とノートとしても使えるA5サイズ。持ち運びするかどうかで手帳の選び方が変わります。

2016年1日1ページ手帳まとめ

個人的には、ビジネス用に使いやすいのが

  • EDiT
  • QuoVadis
  • MOLESKINE
  • 365デイズノート

ライフログ用として使いやすいのが

  • ほぼ日手帳
  • MD PAPER

未知数なのが

  • NOLTY&U365
  • タワレコ手帳

です。未知数の2つは使い試してみたい…。
1日1ページ手帳でお悩みの方には、やはり王道の「ほぼ日手帳」と「EDiT(エディット)」はサイズ・バリエーションの種類が多いので選びやすくおすすめです。

▼2017年の比較まとめはこちらです

MD PAPER PRODUCTS2017年はこの手帳!1日1ページ手帳9選比較まとめ
2017年の気になる1日1ページ使える手帳をまとめました! 人気のほぼ日手帳やEDiTなど、1日1ページ手帳の「特徴・サイズ・フォーマット」...

▼2017年の手帳選びにおすすめの記事

HIGHTIDE2017年人気ブランドのおすすめ手帳まとめ!新作手帳も登場
2017年の手帳選び今年も悩みますよね。そこで2017年に注目の手帳の人気ブランドの特徴・新作・限定コラボなど分かりやすくまとめました...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA