人気のバーチカル手帳9つを比べてみた(特徴・比較)まとめ!

HIGHTIDE ONLINE

2017年のビジネスシーンで使いやすいバーチカル(バーティカル)手帳をまとめました。ジブン手帳や高橋手帳など人気のバーチカル手帳の特徴や、ブランドごとのフォーマットの違いを分かりやすくご紹介。2017年の手帳選びの参考になれば嬉しいです!

内容を2016年から2017年にすべて変更しました

大人気バーチカル「ジブン手帳」

ジブン手帳

画像出典:ジブン手帳2017

メディアからも多く取り上げられ話題の手帳がコクヨの「ジブン手帳」です。手帳といえば1年で使い終えるというのが一般的なイメージですが、ジブン手帳は「一生つかえる」手帳をコンセプトに作られています。一年(DIARY)、一生(LIFE)、IDEA(メモ帳)の3分冊に分かれています。この3冊は仕事だけでなく、プライベートと使い分けたり、健康管理・資産運用・ライフプランなど多岐に渡って自分の情報を管理するのに最適な手帳です。

ジブン手帳の特徴
  • 時間軸は24時間
  • 見開き1週間
  • 左ページに3日間、右ページに4日間
  • 左ページにTODOリスト
  • フォーマットは方眼
  • 曜日の印刷色が赤・青・グレーとカラフル
  • 紙はトモエリバー
  • 天気・カレンダーなど項目が豊富
  • ガントチャートなどその他ページ充実
  • サイズはA5スリム・B6スリム

ジブン手帳はこんな人におすすめ

    1. 仕事やプライベートの情報をガッツリ管理したい
    2. 長期的なプランを手帳にまとめたい
    3. フォーマットが決められている手帳の方が好き

ジブン手帳はフォーマットや書き込む項目が多く、その名のとおりジブンの情報を管理するのにぴったりな手帳です。

2017年から「ジブン手帳Biz」が新登場! シンプルなフォントと配色でビジネスシーンでも使いやすいモデルです。

30分単位で使える「EDiT週間バーチカル」

EDiT手帳といえば1日1ページのモデルが有名ですが、EDiT手帳シリーズのフォーマットは1日1ページ、週間ノート、週間バーチカルの3種類あります。週間バーチカルは、時間軸は6時~22時まで30分刻みで細かい予定をしっかり書き込むことができます。土日は縮小サイズ。ドット罫線のノートスペースが特徴的です。カバーも豊富でビジネスシーンで使いやすいデザインもたくさんあります。

EDiT週間バーチカル手帳の特徴
  • 時間軸は6時~22時
  • 時間は30分単位で1列
  • 見開き1週間
  • 左ページに4日間、右ページに3日間土日縮小サイズ
  • 右ページにフリースペース
  • フリースペースはドット罫
  • 3年・年間カレンダー付き
  • 年間・月間プランニングページ付き
  • サイズはA6・B6・A5の3種類

EDiT週間バーチカル手帳はこんな人におすすめ

    1. アポイントメントや商談の予定がたくさんある
    2. 細かくスケジュール管理したい
    3. 自分に合うカバーデザインを探している

仕事で予定が多い方に使いやすい手帳 です。クラッチバッグのように持てる収納力抜群のラウンドジップ型カバーモデルもあり、働く女性におすすめの1冊です。

シンプルで使い勝手抜群「HIGHTIDE」

HIGHTIDE ONLINE

画像出典:HIGHTIDE ONLINE

シンプルで海外の手帳のようなスタイリッシュなデザインが特徴のHIGHTIDE(ハイタイド)。バーチカルタイプの手帳は、B6ナローサイズとA5サイズの2種類あります。ページ上部にはTODOリスト下部にはメモスペースがあり、その日のやることをしっかりと管理することができます。A5サイズには、ガントチャートも付いているので月間のタスクを整理しやすいのが特徴です。

HIGHTIDEバーチカル手帳の特徴
  • 時間軸は7時~24時
  • 時間は1時間単位で1列
  • 見開き1週間
  • 左ページに3日間、右ページに4日間
  • デイリーの上部にTODOリスト
  • ページ下部はフリースペース
  • フリースペースのフォーマットは方眼
  • 年間・月間スケジュールつき
  • 月間インデックスつき
  • サイズはB6ナロー・A5の2種類

HIGHTIDEバーチカル手帳はこんな人におすすめ

    1. ビジネスシーンで使いやすい手帳を探している
    2. 表紙カバーはたくさんの種類から選びたい
    3. TODOリスト・メモスペースもほしい

HIGHTIDE(ハイタイド)のバーチカルタイプの手帳は、ビジネスシーンで使いやすいフォーマットの手帳です。男性・女性問わずシンプルで洗練されたデザインが使いやすい1冊

片側フリースペース「LACONIC」

ラコニック

画像出典:amazon

LACONICバーチカル手帳は数種類ありますが、こちらのバーチカルレフトタイプを多く見かけます。他のバーチカルタイプの手帳との違いは片側1ページに1週間の予定が集約できること。もう片方の1ページを丸々メモスペースに使えるので、スケジュール管理しつつ、1週間の仕事やプライベートのメモもたっぷり使えます。

LACONICバーチカル手帳の特徴
  • 時間軸は7時~23時
  • 見開き1週間
  • 左ページで1週間
  • 右ページが方眼のフリースペース
  • シリーズによってはフリースペース部分が罫線
  • 曜日の印刷色が赤・青・グレーとカラフル
  • 近郊路線図・地下路線図・年齢早見表付き
  • 月間インデックスつき
  • サイズとデザインが豊富

LACONICバーチカル手帳はこんな人におすすめ

    1. 仕事でメモをとる機会が多い
    2. フリースペースが多い手帳を探している
    3. 片面で1週間の予定を管理したい

仕事やプライベートで「メモがたくさんとれるバーチカルタイプの手帳を探している」人におすすめな手帳です。フリースペースには、メモだけでなくイラストを描いたり、付箋をペタペタ貼ってもOK!

ノート感覚で使える「キャンパスダイアリー」

キャンパスノートが手帳になった「キャンパスダイアリー」は、ノート感覚で使える手帳ノートです。Campusシリーズの書きやすさがそのまに、薄くて軽いウィークリータイプのダイアリーになりました。お値段もお手頃なのが嬉しいポイント。メイン手帳としてだけでなく、2冊目の手帳にもおすすめです。

キャンパスダイアリーの特徴
  • 時間軸は6時~22時
  • 時間は1時間単位で1列
  • 見開き1週間
  • 左ページに4日間、右ページに3日間
  • デイリーの上部にTODOリスト
  • ページ下部はフリースペース
  • フリースペースのフォーマットは罫線
  • 年間カレンダーつき
  • 年度計画表つき
  • サイズはセミB5・A5・A6の3種類

キャンパスダイアリーはこんな人におすすめ

    1. ノート感覚で手帳を使いたい
    2. 軽いバーチカル手帳を探している
    3. 初めて手帳を使ってみたい

バーチカル手帳デビューや試して使ってみたい方におすすめ! 重さが軽く、2冊使いにもおすすめです。

2017年は落ち着いた コバルトブルーが新登場

メモ充実「ティーズディレクションダイアリー」

手帳のスタンダードといえば手帳は高橋でおなじみの高橋書店。中でも人気なのが第14回手帳大賞最優秀企画に輝いた「ティーズディレクションダイアリー」です。フリースペースが充実し、メモが広々書けるのが特徴的な手帳です。

ティーズディレクションダイアリー手帳の特徴
  • 時間軸は7時~22時
  • 時間は1時間単位で1列
  • 見開き1ページ
  • 左ページ3日間、右ページに4日間
  • 左ページにTODOリストあり
  • ページ下部フリースペースは5mm方眼
  • 印刷色は黒、日曜日は赤、土曜日は青
  • 路線図・年齢早見表等おまけページ充実
  • サイズはB6

ティーズディレクションダイアリーはこんな人におすすめ

    1. フリースペースがたっぷりほしい
    2. シンプルで使いやすい手帳が欲しい
    3. 土日の予定も均等に書きたい

ビジネスシーンで使いやすい手帳です。ペンフォルダーも付いているので、移動や持ち運びにも便利。

働く女性におすすめ「NOLTYキャレル」

能率手帳が生まれ変わったブランド「NOLTY(ノルティ)」バーチカルタイプは複数のタイプがありますが、「キャレル」は日経WOMAMと共同開発した、キャリアウーマンにおすすめの手帳です。ビジネスすぎず、女性に優しいデザインが特徴です。

キャレルバーチカル手帳の特徴
  • 時間軸は9時~21時
  • 時間は1時間単位で1列
  • 見開き1週間
  • 左ページに3日間、右ページに4日間土日縮小サイズ
  • ページ下部に無地のフリースペース
  • 12時~1時までの背景は青
  • しおり2本つき
  • 月間インデックスつき
  • サイズはB6とA6の2種類

キャレルバーチカル手帳はこんな人におすすめ

    1. 仕事とプライベートの予定も管理したい
    2. ビジネスシーンで使いやすいデザインが良い
    3. 巻末付録や資料も欲しい

使いやすさはもちろん、手触りや見た目までこだわりぬいたデザインが特徴です。シリーズで、土日縮小サイズではなく均等のタイプもあります。

正方形の海外手帳「クオバディス」

世界60カ国で愛用されているのが、こちらの「QuoVadis(クオバディス)」手帳です。見開き1週間のバーチカル型というフォーマットを最初に考案したことで有名になりました。他とは違う、正方形のデザインがオシャレで魅力。海外の手帳は暦の表記が海外仕様のままになっていることが多いですが、クオバディスは祝祭日は日本語で表記されており、日本人にも使いやすい手帳です。

クオバディス手帳の特徴
  • 時間軸は8時~22時
  • 時間は1時間単位で1列
  • 見開き1週間
  • 左ページに5日間、右ページに2日間土日縮小サイズ
  • 右ページにフリースペース
  • マンスリーページ・年間カレンダーつき
  • 英語表記、祝祭日のみ日本語表記
  • サイズは16×16 の正方形

クオバディス手帳はこんな人におすすめ

    1. オシャレなデザインが好き
    2. 海外の手帳に憧れる
    3. 他とは違う手帳を使いたい

クオバディスは海外ならではの、カラフルで色鮮やかな高級感あふれる表紙カバーも魅力です。

MD用紙を使用した「プロフェッショナルダイアリー」

ステーショナリーメーカーの「ミドリ」から発売されている「プロフェッショナルダイアリー」は28年以上も多くの人に愛されている手帳です。特徴は女性でも使いやすい片手で開けるA5スリムタイプ。中紙はミドリオリジナルの「MD用紙」で書き心地も抜群です。カバーはA4書類を折れば5枚ほど収納可能なのでビジネスシーンに最適です。

プロフェッショナルダイアリーの特徴
  • 時間軸は8時~22時
  • 時間は1時間単位で1列
  • 見開き1週間
  • 左ページ3日間、右ページに4日間土日縮小サイズ
  • ページ下部にフリースペース
  • 紙の色はクリーム色でMD用紙を使用
  • TODOシート・プロジェクトシートつき
  • 時刻表・アドレスなどおまけページ充実
  • A5スリムサイズ

プロフェッショナルダイアリーはこんな人におすすめ

    1. 仕事メインで使いたい
    2. 片手で開けるスリムな手帳を探している
    3. 値段がお手頃で表紙が革のような手帳を使いたい

限定タイプのデザインもおすすめです!

バーチカル手帳比較まとめ

手帳名時間軸フォーマットTODOフリースペース土日縮小
ジブン手帳24時間方眼均等
EDiT週間バーチカル6時~22時ドット罫×縮小
HIGHTIDEバーチカル7時~24時罫線均等
LACONICバーチカル7時~23時方眼×均等
キャンパスダイアリー6時~22時罫線均等
ティーズディレクションダイアリー7時~22時方眼均等
NOLTYキャレルバーチカル9時~21時無地×縮小
クオバディス8時~22時無地×縮小
プロフェッショナルダイアリー8時~22時罫線×縮小

今回9つの手帳を挙げてみました。それぞれの特徴をまとめた表がこちらです。

    1. 時間軸はどれくらいか
    2. フリースペースのフォーマットは何か
    3. TODOリストがあるか
    4. フリースペースの広さ
    5. 土日のサイズ

上記5点をまとめてみました。

バーチカル手帳を選ぶポイント

ポイント1、時間軸で選ぶ

唯一、時間軸が24時間に対応しているのがジブン手帳です。24時間書けるので睡眠時間の記録もできます。ビジネスとしてだけでなくライフログとして使っても○。時間軸が24時間必要のない方はお仕事の就業時間や、生活リズムに合うものを選ぶと使いやすいです。

ポイント2、TODOリストで選ぶ

ビジネスで使う方は、TODOリストが入っているとタスク管理が楽になるのでおすすめです。フリースペースをTODOリストとして使うこともできますが、あらかじめあると便利です。

ポイント3、フリースペースで選ぶ
ビジネスシーンや学校など、メモをたくさん取りたい方は、フリースペースが広めい手帳がおすすめです。ハイタイド手帳・LACONIC・ティーズディレクションダイアリーがフリースペースが広く使えます。

手帳を選ぶフムフムポイント

時間軸・フォーマット・TODOリスト・フリースペースの広さが自分のライフスタイル合ったものを選ぶのがおすすめ!

他にも紙質・紙の色・サイズなど選ぶポイントは様々ありますが、普段の生活に合うものを選ぶのが大切です。

お仕事や学校、プライベートなどに合う使いやすい手帳が見つかると嬉しいです!

 

▼2017年の手帳選びにおすすめの記事

2017年ジブン手帳3つを比較「ジブン手帳ファーストキット」「ジブン手帳Biz」「ジブン手帳mini」2017年ジブン手帳3つを徹底比較!ファーストキット・Biz・mini
2017年版ジブン手帳は「ジブン手帳Biz」の登場で全3タイプになりました! そこで今回は「ファーストキット」「Biz」「mini」3つのタイ...
2017新登場! コクヨのジブン手帳Biz購入レビュー2017年新登場「ジブン手帳Biz」を徹底レビュー!
バーチカルタイプで大人気の「ジブン手帳」に2017年は新しいモデルが登場! それがこちらの、ビジネスシーンで使いやすくなった「ジブ...
HIGHTIDE2017年人気ブランドのおすすめ手帳まとめ!新作手帳も登場
2017年の手帳選び今年も悩みますよね。そこで2017年に注目の手帳の人気ブランドの特徴・新作・限定コラボなど分かりやすくまとめました...
MD PAPER PRODUCTS2017年はこの手帳!1日1ページ手帳9選比較まとめ
2017年の気になる1日1ページ使える手帳をまとめました! 人気のほぼ日手帳やEDiTなど、1日1ページ手帳の「特徴・サイズ・フォーマット」...
ビジネス手帳使い方 フリースペースにはメモや付箋などを書くバーチカル手帳の使い方!ビジネス手帳活用術
手帳の中でもバーチカル手帳を使う人は、仕事量やタスクが多いビジネスシーンで使う場合が多いと思います。ジブン手帳やアクションプラ...

 

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

3 件のコメント

  • 看護師です。
    24時間(1時間きざみ)のウィークリー手帳ってないですよね。
    スケージュール、実績のほかに体調、天気、友達の住所電話メアドLINE誕生日、公私の出費とかメモることがたくさんあるので業務日誌サイズになるのかもしれないけど、あったらいいのになぁ。

    • さとうさん
      コメントありがとうございます!
      確かに…!24時間軸のウィークリー手帳…なかなか見ないですね!
      ジブン手帳が近いのですが、0~7時まではマス目の間隔が違いますよね。

      私も気になったので、少し探してみました。 バーチカルタイプであれば何個か見つかりました!

      ■バーチカルタイプ
      クオバディス H24
      ユナイテッドビーズ Master Plan
      ┗ネットではほとんど完売。お近くのロフトやハンズにあるかもです。

      ただ、メモを充実させたいとなると物足りないかも…。

      抵抗がなければ、ノート感覚で使える ファンクションノートを組み合わせて使うのもアリかなと思いました!

      ■ノート感覚で使う
      ユナイテッドビーズ ファンクションノート
      ┗バーチカル・TODO・プロジェクトシートなど12タイプのノートがあります。

      お仕事にぴったりの手帳が見つからないとしょんぼりしますよねーー。
      分厚くても、1冊にまとめられる手帳があるといいですよねー。
      さとうさんのイメージに合うかドキドキですが、少しでもご参考になれば嬉しいです(*´◡`*)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA