新感覚ボールペン!万年筆みたいな書き心地のユニボールエアを使ってみた

新感覚!万年筆みたいな書き心地のuni-ball AIR ユニボール エア

11月26日から発売の新商品「ユニボール エア(uni-ball AIR)」を買ってみました! なんでも世界初のペン先で、今までにない新感覚の書き味のボールペンとのこと。早速使ってみたいと思います。

新感覚ボールペン『ユニボール エア』

新感覚!万年筆みたいな書き心地のuni-ball AIR ユニボール エア

ユニボール エアは書き方や筆圧によって線が変化するボールペンです。今までになかった新開発のペン先。ペン先内部が筆圧に合わせて上下に動くことでインクの量が変わり、書いた文字に強弱ができる仕組みです。ボールペンなのに、サインペンのようなペン先が特徴です。

ユニボールエア 0.7mm

ユニボールエア  0.5mm

筆圧によって線が変わる!

新感覚!万年筆みたいな書き心地のuni-ball AIR ユニボール エア

芯の太さは0.5mmと0.7mmの2種類。やまぐちは0.7mmを購入しました。芯の太さによって、書ける文字の太さが変わります。

  • 0.5mm…描線幅は0.3mm〜0.5mm
  • 0.7mm…描線幅は0.4mm〜0.6mm

それぞれ書き方によって描線幅が変わります。

筆圧と角度で線の強弱が付けられる

新感覚!万年筆みたいな書き心地のuni-ball AIR ユニボール エア

試しにイラストを描いてみました! ペンを立てて書くと線が細く、ペンを寝かせて書くと線が太くなります。ギリギリまで寝かせると写真の「さる」のような擦れたタッチもできます。この書き心地は新感覚!

書き心地が近いペン

新感覚!万年筆みたいな書き心地のuni-ball AIR ユニボール エア

書き味が近いペンを比較してみました。「ぺんてる プラマン」と「ぺんてる ボール」と書き心地が近いイメージです。

ユニボール エアはボールペンと言うよりはサインペンや万年筆に近い書き心地です。

ユニボール エアのフムフムポイント

新感覚!万年筆みたいな書き心地のuni-ball AIR ユニボール エア

ユニボール エアの良い点・悪い点

線のに強弱がつけれる

トメ・ハネ・ハライが書ける

インクのにじみ・裏移りが気になる

ユニボール エアは「これがボールペン!?」と思えるようなさらっとした書き心地と、線の強弱をつけるのが楽しくなるボールペンです。

1点だけ気になった点はインクの滲みと裏抜けです。5枚程度違うノートや紙で試してみたのですが、どの紙も少しにじみました。中には裏移りがあるノートもあったので裏移りが気になる方は、試し書きして使うのがおすすめです。

トメ・ハネ・ハライも書けて万年筆のように使えて宛名を書くのにも良さそうなボールペン。やまぐちはイラストにも使えるか実験していきたいと思います!

サイズは0.5mmと0.7mmの2種類、カラーは黒・青・赤の3種類あります。

ユニボールエア 0.7mm

ユニボールエア  0.5mm

▼こちらの記事もおすすめ

超速乾性のゼブラSARASAドライを使ってみた人気のサラサボールペンに新作!超速乾性の「サラサドライ」を使ってみた
さらさらとした書き心地で大人気のサラサボールペン(SARASAシリーズ)に新作が登場!「サラサドライ」は書いても手が汚れない超速乾性の...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA