大人気の4大油性ボールペンの書き心地と裏移りを比べてみた!

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみた

『第1回ペンの書き心地・裏移り実験コーナー』! ジェットストリーム、アクロボール、ビクーニャ、スラリの大人気の4大低粘度油性ボールペンの書き心地や裏移りを比べてみます! 書き心地・持ちやすさ・値段など、ぞれぞれ違った特徴があるのでブランドごとに比較してみました。

4大油性ボールペンをご紹介!

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみた

今回書き心地と裏移りを試してみる油性ボールペンは4種類。

  1. ジェットストリーム
  2. アクロボール
  3. ビクーニャ
  4. スラリ

従来の油性ボールペンと比べて、書き心地が進化し書きやすくなった低粘度油性ボールペンを比較たいと思います! まずはそれぞれの油性ボールペンの特徴をご紹介。

ジェットストリーム(JET STREAM)

ジェットストリーム「JET STREAM」uni三菱鉛筆

1本目は三菱鉛筆のジェットストリーム(JET STREAM)。ジェットストリームは油性ボールペンの書き味を変えたパイオニア的な存在です! 従来の油性ボールペンは書き味が悪くインクにムラが出て使いづらい印象でしたが、ジェットストリームはゲルインクのような滑らかな書き心地を油性ボールペンで実現しました。
ちなみに写真は、ほぼ日手帳の特典のジェットストリームです。ほぼ日手帳をWEB SHOPで買うと購入特典としてジェットストリームがおまけでもらえます。

アクロボール(acroball)

アクロボール「acroball」PILOT

2本目はPILOTのアクロボール(acro ball)。ジェットストリームの2年後に登場したのが、このアクロボールです。パイロットは書き出しが良くなめらかに濃く書ける、「アクロインキ」を開発。「アクロインキ」は約1/5のインキ粘度でできており、なめらかで濃い筆跡を実現しました。

ビクーニャ(VICUNA)

ビクーニャ「VICUNA」ぺんてる株式会社

3本目はぺんてるのビクーニャ(VICUNA)。ビクーニャは超低粘度インキ「ビクーニャインキ」を搭載した、なめらかな書き心地の油性ボールペンです。力を入れずスラスラと書くことができ、濃く鮮やかな筆跡が特徴です
ボディはカラフルな色合いが多く、広告などで一番目にするのは「」のボディです。やまぐち的には、ボディがウルトラマンっぽいデザインに見えます。

スラリ(Surari)

スラリ「Surari」ZEBRA

4本目はZEBRAのスラリ(Surari)。スラリはゼブラが独自に開発した油性と水性ジェルと顔料インクを混合したエマルジョンインクを、世界で初めてボールペンに搭載しました。油性の「しっかりした手ごたえ」と水性の「さらさらした軽さ」を併せ持ったボールペンです。
他の油性ボールペンに比べて価格が100円(税抜き)とお値段がお手頃な点も魅力のボールペンです。

4大油性ボールペンの書き味を比較してみる!

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみた

↑上から、4つの油性ボールペンそれぞれで書いてみたものです。

  1. ジェットストリーム
  2. アクロボール
  3. ビクーニャ
  4. スラリ

このそれぞれの4つのメーカーの0.5mmサイズを使用して書きました。

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみた

アップにしてみました。上から2番目のアクロボールが一番色が濃く、一番下のスラリが一番色が薄い印象です。

やまぐちが書いてみた、それぞれの書き心地の印象

  • ジェットストリーム…安定した書き心地!
  • アクロボール…一番濃く、なめらかな書き味
  • ビクーニャ…軽く書ける、ボディが持ちづらい
  • スラリ…一般的な油性ボールペンに近い書き心地

油性ボールペンの裏移りをチェック

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみた裏移り

↑こちらは油性ボールペンの裏移りの写真です。

見えづらいかと思いますが、全体的には写真のようにインクの裏移りはあまり目立ちませんでした。

強いて挙げるなら、上から2番目のアクロボールが一番濃く、次に上から3番目のビクーニャが少し後ろから見た時に黒が強い印象です。

ジェットストリームとスラリは、ほとんど目立ちませんでした。

蛍光ペン・コピックとの相性チェック

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみたカラーペン登場

やまぐちはボールペンの上に蛍光ペンで色を付けることもあるので、油性ボールペンとカラーペンとの相性もチェックしたいと思います。今回使うのは4種類。

  • 蛍光ペンフリクションライトイエロー
  • 蛍光ペンフリクションライトピンク
  • 蛍光ペンフリクションライトグリーン
  • コピック R20

蛍光ペンとコピックを使ってみたいと思います!

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみたカラーペンにじみチェック

油性ボールペンで書いた文字の上から、それぞれのペンで塗ってみました。

蛍光ペンは、ほとんど擦れはしませんでしたが、ビクーニャとスラリは少し黒の色合いが薄くなった印象です。

コピックは、ジェットストリームが一番酷く全体的が青くにじみました。アクロボールも、黒が全体的に染み出しています。

油性ボールペンと蛍光ペン・コピックの裏移り

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみたカラーペンにじみチェック裏移り

蛍光ペンは、ほとんど全体的に裏移りはなかったです。

コピックは、全体的に青の染料が溶け出している印象です。青・黒くにじみました。

油性ボールペンのフムフムポイント

四大油性ボールペンの書き心地を比較してみた

正直やまぐちは油性ボールペンは「ジェットストリーム」一択で使っていました。今回比べて分かったことは

  1. 黒の色の濃さ
  2. 書き味の滑らかさ
  3. ボディの持ちやすさ

この3つの差が結構あったことです。

やまぐちの書き心地はこんな感じでした。

ジェットストリーム

  • 黒の色の濃さ          ★★★★☆ 
  • 書き味の滑らかさ    ★★★★☆
  • ボディの持ちやすさ ★★★★☆

安定した書き心地のジェットストリーム。これぞ元祖油性ボールペン! サイズや種類の多も魅力。コピックとの相性は悪い。

アクロボール

  • 黒の色の濃さ          ★★★★★
  • 書き味の滑らかさ    ★★★★★
  • ボディの持ちやすさ ★★★★☆

やまぐち的には一番書き味が良いと感じました! インクも濃く、水性ボールペンのような書き味。

裏移りが気になる方は紙との相性をチェックする必要があります。

ビクーニャ

  • 黒の色の濃さ          ★★★★☆
  • 書き味の滑らかさ    ★★★★★
  • ボディの持ちやすさ ★★☆☆☆

力を入れずサラサラ書ける半面、筆圧が強いと持ちづらく書きにくいかも。やまぐちの手と筆圧とは少し相性が悪かったです。

スラリ

  • 黒の色の濃さ          ★★★☆☆
  • 書き味の滑らかさ    ★★★★☆
  • ボディの持ちやすさ ★★★☆☆

一般的な油性ボールペンよりちょっと書き味がよいといった印象。お値段も安いので、試してみたい方にはおすすめ。

 

いろいろ試してみて、個人的には「アクロボール」が使いやすかったです。もちろんジェットストリームもおすすめですが、しばらくはアクロボールとジェットストリームの2本を使っていきたいと思います(*´◡`*)

油性ボールペンはコピックとはインクの相性が悪いのでイラストを描くときは気を付けてみてくださいね。

 

▼こちら記事もおすすめ

水性・ゲルインクボールペンの書き心地・裏移り比較!9本の水性・ゲルインクボールペンの書き心地と裏移りを比較!
第2回『ペンの書き心地・裏移り実験コーナー』今回は、水性・ゲルインクボールペンの書き味や裏移りをチェックしました。人気のハイテッ...
サインペンの書き心地・裏移り比較!サインペンとフェルトペンっぽい書き心地の8本のペンを比べたよ
第3回『ペンの書き心地・裏移り実験コーナー』今回は題しまして、サインペンとフェルトペンに近い書き心地のペン8本を比べていきます。 ...
Edit手帳(エディット)とペンの相性比較!EDiTエディット手帳におすすめのペンは? 31本のペンと相性チェック
先週からたくさんペンの書き心地を比べてきましたが、これが…やりたかった! 総勢ペン31本と手帳の書き心地比べ! 『第3回 手帳裏移り...
ほぼ日手帳のおすすめペン徹底比較ほぼ日手帳におすすめのペンは? 31本のペンと相性チェック
ペン比べまくりのやまぐちです。Edit(エディット)手帳に引き続き、ほぼ日手帳でもペン31本と手帳の書き心地比べをやります! という...

シェア・購読して頂けると嬉しいです( ˙灬˙ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA